« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »

2007年7月26日 (木)

MS-06R-1A

Ms06r MS-06R1A 高機動型ザク

 先日行われたサッカーアジアカップで日本がサウジアラビア敗れ、某掲示板ではオシムや日本サッカーそのものを全否定するような書き込みも目にしますがいったい何なんでしょうかねえアレは。

そもそもフットボールは試合内容や両チームの力関係が得点や結果に結びつきにくいスポーツ。1試合だけなら格上のチームが運わるく格下のチーム敗れる事などフットボールの世界ではよくある事、けれども運というもはそう何度もつづくものでは無く、リーグ戦ならばそれが最終的に勝ち点という差となって表れる、しかしながらそれがトーナメントならば話は違ってくる、リーグ戦ならばたとえ序盤に負けたとしても最終的に3敗程度に抑えれば優勝できるがトーナメントは全勝以外に優勝するための選択肢は無い、いかにベストチームといえど同レベルのチームと当たって毎回勝てるという保障は何処にも無いのである、にも関わらず毎回毎回優勝がノルマだとかほざく輩が吐いて捨てるほど湧き出る、日本だってアジアに全勝してる訳じゃないのに何故トーナメントになると都合良く負けなくなると言うのか、ボスはそこを知りたがる。

| | コメント (0)

2007年7月 8日 (日)

MS-06M

Ms06m MS-06M 水中用ザク

 ついに始まったサッカーアジアカップ、毎度思うのだが、AFCはマトモな試合会場でサッカーやる気あるのだろうか、今回の東南アジアもデコボコのピッチとスコールが酷いらしい、そのうち金網スタジアムとか電流スタジアムで試合させられそう、ってリアルキン肉マンかよ、サッカーアジアカップは。

| | コメント (1)

2007年7月 1日 (日)

MS-06E

Ms06e MS-06E ザク強行偵察型 

 最近、厳しい状況のPS3。ゲームハード事業を成功させる為に設立された子会社はゲームハード事業に失敗すると、ことごとく消えて無くなっているので、SCEも、松下、NECの後に続きそうな気配がプンプンしています。

 まあ、SCEの今の状況はPS2の時から遅かれ早かれ訪れると思っていました。理由はSCEがサードの依存度が高すぎるせいです。

 PS1の初期にセガのサターンと鍔迫り合いが出来たのもナムコのお陰です、サターンの、バーチャ、デイトナ、に対しナムコの、鉄拳、リッジ、カプコンのバイオハザード等のタイトルで五分に渡り合えました、決定打になったのもFFです、誰もSCEのソフト欲しさに4万近くもするハードを買ったりしません、500万台売れたからこそFFも呼び込めたのです、PS2の購入動機になったのも、マトリックス、FF、ドラクエです、人気のDS、Wiiもハードメーカーである任天堂のソフトがミリオンタイトルを多く供給しているからこそあれ程ヒットしたのであって、SCEがDSやWiiを発売していたらやはり売れてないでしょう。PSPやPS3のようにサードのソフトが1番売れてるような状況ではいったん市場が悪化した場合それを立て直す力がSCEには無いのです、ハードメーカーが質の良いソフトを出してハードを牽引する、SCEはハードメーカーなら、して当然の事が出来ていないのだから、サードにそっぽを向かれた時このような事態になることはむしろ当然の結果と言えるのではないでしょうか。

| | コメント (1)

« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »