ザク系

2008年11月30日 (日)

RMS-108

LastscanRMS-108 マラサイ

 寒いのが苦手な自分的には、外出するのに勇気を必要とする季節になって来ました。

| | コメント (0)

2008年8月28日 (木)

RMS-106

Rms106RMS-106 ハイザック

 8月も終わりが近づいて来た為か、夏の暑さにも限りが見え始め、だんだんと過ごし易い気温になって来まし。

コレを機に溜まっていた仕事を片付けられれば好いのですが。

| | コメント (2)

2007年10月23日 (火)

MS-06D

Ms06d MS-06D ザクデザートタイプ

 先週行われたサッカーオリンピックアジア予選カタール戦には心底ガッカリさせられた。

試合内容もそうだが、その後の反町や川渕のコメントの「運が悪かった」で済ましたことにだ。

コイツらはホントドイツWCで何を見ていたんだと、問い質してやりたい程だ。

ドイツWCで日本代表が敗退した一番の要因は、第一戦のオーストラリア戦の試合運びのまずさにあった、日本は前半の速い時間帯に先制点奪いながら残り10分で3点奪われ逆転負けを喫した。

通常10分3得点もされる等、このレベルの試合ではそうそうある事では無いのだが、日本は前半に先制点を奪った事でディフェンスラインが下がり、中盤に大きなスペース作り出した結果ポゼッションを明け渡し30度超すピッチと直射日光で、ボールを回され走りまわされた末、終盤にガス欠になり足が止まった所で3点を奪われ逆転負けを食らったのである。

 リードした後ディフェンスを固めカウンターで勝ちに行く戦術はイタリアが最も得意としているが、イタリアですら最近じゃCL,ユーロ、WCで日本と同じ負け方で敗北の山を築き上げてきた、ドイツではこのスタイルでは勝てないとやっと悟ったのかCLで結果を残しているミランのスタイルで臨んだ結果、優勝。

 イタリアのように前線に決定力のあるFWも、堅いディフェンスも持たない日本が、劣化カテナチオを使ってイタリアより上手く立ち回ろうなど、どだい無理な話なのである。

 先週行われたカタール戦も全く同じ負け方、先制点を奪った後自陣にこもり、ポゼッションを明け渡した、30度超すピッチで走りまわされた末、終盤に足が止まり序所にファールが増えた結果、セットプレーから2失点を喫したのである、なんと言う学習能力の無さ。

 ブラジル等は、いったんリードしたら必ずペースダウンして来る、同じペースでは体力が90分もたないと知っており終盤の勝負所に体力を温存した戦い方にシフトして来る、いったんボールを持てば無理に攻め込まずパスで相手を走らる、相手はボールを持たれていては点の取りようが無いのでボールを追いかけて来る、散々ボールを回され走り回された末、相手がボールを追うの諦めた所で点を奪いに来るのである、たとえ点が奪えずとも相手のセカンドチャンス(時間)と相手の体力をタップリ削った末にボールを渡すので、十分効果があると言える、これを繰り返し終盤足の止まった相手に2点目、3点目を奪い勝負を決めてしまうのである。

 翻って日本代表はと言うと、相手より有利な状況に有ろうが無かろうが90分間いつも同じペースで攻める、カタール戦など引き分けでも厳しい状況に立たされる相手側に対しこちらは素早く確率の低い攻撃など仕掛ける必要など全く無いにもかかわらず30秒程でさっさと攻撃を終わらせ、相手にセカンドチャンスをタップリ与えた末に逆転負けを喫した、これを「運が悪かった」で済ませてくれるのだから、もはや空いた口が塞がらない、多分これからも同じ過ちを何度となく繰り返してくれるだろう。

| | コメント (1)

2007年9月 8日 (土)

MS-06S

Ms06s MS-06S シャア専用ザクⅡ

 ∀をやるつもりだったんだけど、まとまりきらなくて。

| | コメント (0)

2007年7月26日 (木)

MS-06R-1A

Ms06r MS-06R1A 高機動型ザク

 先日行われたサッカーアジアカップで日本がサウジアラビア敗れ、某掲示板ではオシムや日本サッカーそのものを全否定するような書き込みも目にしますがいったい何なんでしょうかねえアレは。

そもそもフットボールは試合内容や両チームの力関係が得点や結果に結びつきにくいスポーツ。1試合だけなら格上のチームが運わるく格下のチーム敗れる事などフットボールの世界ではよくある事、けれども運というもはそう何度もつづくものでは無く、リーグ戦ならばそれが最終的に勝ち点という差となって表れる、しかしながらそれがトーナメントならば話は違ってくる、リーグ戦ならばたとえ序盤に負けたとしても最終的に3敗程度に抑えれば優勝できるがトーナメントは全勝以外に優勝するための選択肢は無い、いかにベストチームといえど同レベルのチームと当たって毎回勝てるという保障は何処にも無いのである、にも関わらず毎回毎回優勝がノルマだとかほざく輩が吐いて捨てるほど湧き出る、日本だってアジアに全勝してる訳じゃないのに何故トーナメントになると都合良く負けなくなると言うのか、ボスはそこを知りたがる。

| | コメント (0)

2007年7月 8日 (日)

MS-06M

Ms06m MS-06M 水中用ザク

 ついに始まったサッカーアジアカップ、毎度思うのだが、AFCはマトモな試合会場でサッカーやる気あるのだろうか、今回の東南アジアもデコボコのピッチとスコールが酷いらしい、そのうち金網スタジアムとか電流スタジアムで試合させられそう、ってリアルキン肉マンかよ、サッカーアジアカップは。

| | コメント (1)

2007年7月 1日 (日)

MS-06E

Ms06e MS-06E ザク強行偵察型 

 最近、厳しい状況のPS3。ゲームハード事業を成功させる為に設立された子会社はゲームハード事業に失敗すると、ことごとく消えて無くなっているので、SCEも、松下、NECの後に続きそうな気配がプンプンしています。

 まあ、SCEの今の状況はPS2の時から遅かれ早かれ訪れると思っていました。理由はSCEがサードの依存度が高すぎるせいです。

 PS1の初期にセガのサターンと鍔迫り合いが出来たのもナムコのお陰です、サターンの、バーチャ、デイトナ、に対しナムコの、鉄拳、リッジ、カプコンのバイオハザード等のタイトルで五分に渡り合えました、決定打になったのもFFです、誰もSCEのソフト欲しさに4万近くもするハードを買ったりしません、500万台売れたからこそFFも呼び込めたのです、PS2の購入動機になったのも、マトリックス、FF、ドラクエです、人気のDS、Wiiもハードメーカーである任天堂のソフトがミリオンタイトルを多く供給しているからこそあれ程ヒットしたのであって、SCEがDSやWiiを発売していたらやはり売れてないでしょう。PSPやPS3のようにサードのソフトが1番売れてるような状況ではいったん市場が悪化した場合それを立て直す力がSCEには無いのです、ハードメーカーが質の良いソフトを出してハードを牽引する、SCEはハードメーカーなら、して当然の事が出来ていないのだから、サードにそっぽを向かれた時このような事態になることはむしろ当然の結果と言えるのではないでしょうか。

| | コメント (1)

2007年6月19日 (火)

MS-06F2

Ms06f2 MS-06F2 ザクⅡ

 ついに発表されたTVアニメ新シリーズ「ガンダムOO]。

 毎度の事と言うのか、恒例行事と言うのか、批判の嵐が吹き荒れています、自分的にはアナザーOKなんで、観ないで批判するのはどうかと思いますが、年輩の方ほど勘に触る見たいですね、自分的に第一印象は、種より良かったです、オヤジを出せと言う意見も耳にしますがファーストGのキャラデザインが発表された時は確か「ホワイトベースクルー、シャア、ガルマ」ぐらいだったような気がしますが、とにかく叩くのが先と言う意見が目につきます。

| | コメント (1)

2007年6月 9日 (土)

MS-06Z-3

Ms06z3 MS-06Z-3 サイコミュ試験用ザク

 08版、高機動型ザクに繋がるラインに、してみた。

| | コメント (2)

2007年6月 4日 (月)

MS-06K

Ms06k MS-06K ザクキャノン

 キャノン系MSって、お子様MSの代表各って気がするんだけど、気のせい?。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧